廃油温水ボイラー

安全・確実な着火シーケンス

当機は通常のボイラーと同様、設定水温によるON-OFF制御(サーモ機能)で稼働します。着火には1回につき約5cc程の灯油使用ですのでコスト面でも気になりません。万が一廃油に着火しなかった場合、または廃油燃焼中に消火(断火)した場合、自動的に着火作業(灯油バーナーON)をします。またその再着火動作を一定回数繰り返しても着火しない場合は警報音を鳴動し、全動作をロックします。

清掃しやすい構造(灰清掃口)

廃油は燃焼後必ず灰になり、ボイラー内部に堆積します。ですので灰清掃は避けて通れません。そこで当ボイラーは少しでも灰清掃がし易いよう、バーナー部には大型ヒンジを設け、また上部にも灰清掃口を設けました。開閉自体もストレスなく行えるようハンドル式としました。上部は特に灰清掃の簡易性を追求しつつ、且つ熱効率を上げる構造をとっています。

ノズル詰まりの少ない独自の噴霧方式

燃料(廃油)を噴霧する前に加熱(通常80℃)し、粘度を下げているため、固い廃油も噴霧可能です。従来の灯油バーナーのように燃料に圧力をかけると微小径のノズル詰まりが生じます。当社バーナーはコンプレッサーエアにて燃料を霧化(二流体外部混合方式)しており、ノズル穴はマッチ棒の径ほどありますので詰まりにくい構造になっています。

製品仕様・比較表
SW-50HQ SW-200BDⅡ
バーナー形式 エアー噴霧式
点火バーナー 圧力噴霧式
外形寸法 W650×D1200×H1180 W1025×D1625×H1810
外寸図を見る 外寸図を見る
燃料消費量 3~9リットル/時間 10~14リットル/時間
伝熱面積 3.0㎡ 3.96㎡
出力 25,000kcal/時間 100,000kcal/時間
重量 230kg 800kg
煙突外径 ―Φ 275Φ
缶体保有水量 110リットル 500リットル
消費電力 1.5kw 2.0kw
電源 AC200V 50/60Hz AC200V 50/60Hz

お客様から寄せられるよくある質問にお答えいたします。お問合わせの前に必ずご確認下さい。
疑問点等、解決できない場合は、お電話(TEL 026-245-8211)かお問合わせフォームよりお気軽にお問合わせ下さい。導入に関するご相談も承っております。

製品・廃油に関するご質問

  • 廃油を燃焼しても問題ないのですか?
  • どんな廃油でも燃焼できますか?
  • 色々な廃油を混ぜても燃焼できますか?
  • 廃油はどこから入手するのですか?
  • 煙・臭いは出ますか?煙突は必要ですか?
  • 灰掃除は必要ですか?
  • タンクは既存のものを使いたいのですが

信州工業株式会社

TEL 026-245-8211

メールでのお問合わせ

廃油ストーブ・廃油ボイラーなど廃油燃焼機器の製造・販売
信州工業株式会社/〒382-0098 長野県須坂市墨坂南1-18-13 TEL 026-245-8211 FAX 026-248-2450